痩せたい方必見、食後の血糖値を上げない方法3つ

管理栄養士/健康

どうも皆さんこんにちは、筋肉管理栄養士です。今日は食後の血糖値を急上昇させない方法をご紹介します。血糖値をコントロールする事で食後の眠気や肥満の予防に繋がるのでぜひ最後まで読んでいってください。

食後の血糖値を上げない方法3つ
目次

  • ①ベジタブルファースト
  • ②酢を活用する
  • ③オリーブオイルを活用する

①ベジタブルファースト

ご飯を食べるときは先ず野菜から食べましょう。順番としては野菜→みそ汁→副菜→主菜→主食の順に食べ進めると良いでしょう。理由は、最初に糖質以外の食べ物が胃に入ることによって、糖質の消化吸収が遅れ血糖値の上昇が緩やかになるからです。また、野菜などに含まれている水溶性食物繊維が腸内での糖質の吸収を抑制するからです。
不溶性食物繊維は便秘などを改善してくれ腸内環境を整えてくれます。

②酢を活用する

ご飯のみを食べるグループとご飯+酢15㎖食べる2つのグループを用意し、食後の血糖値を測定する実験が行われました。結果はご飯+酢15㎖食べたグループはご飯のみのグループと比べて食後の血糖値上昇が抑制されました。つまり酢15㎖は食後の血糖値上昇を抑制してくれるのです

酢15㎖を簡単にとる方法ご紹介します。
①毎食の献立にワカメの酢の物など1品加える
②冷麺や餃子、天津飯を食べるときは酢を加える
など酢を使う料理を1品加えるのがベストだと思います。

③オリーブオイルを活用する

パスタなどを食べる時はたくさんのオリーブオイルを使いましょう。アヒージョなどもいいですね。理由はオリーブオイルが血糖値の上昇を抑えてくれるからです。またオリーブオイルは良質な油で体に害はありません。
ただ、気を付けて欲しい点があります。それは酸化された油は有害ということです。酸化は空気に触れたり、日光に当たると進みます。酸化を遅らすために、「開封後は直ぐに蓋をする」など保存には注意しましょう。

いかがだったでしょうか。他にも血糖値の上昇を抑える方法として「30回以上噛む」などがあります。自分に適した方法を実践し血糖値をコントロールしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました