大学生活でやってよかった4つのこと、やらずに後悔2つのしたこと

大学生活

私は現在社会人1年目で、最近まで大学生をしていました。そんな私が大学生活を振り返って「やってよかったこと、やらずに後悔したこと」について書いていきます。

目次やってよかったこと

  • 趣味を極める(筋トレ)
  • バイト
  • 読書
  • 資格の勉強(習得)

やらずに後悔したこと

  • 恋愛
  • ブログ(時間労働以外でお金を稼ぐ)

趣味を極める(筋トレ)

大学生活でやってよかったこと1つ目は趣味を極める事です。私は筋トレでした。
趣味を極めるとどうなるか、
①趣味を通して共通の仲間が出来る
→ジムで筋トレをしていたら、仲間が出来ました。私は年上の方と仲良くなり、食事に行ったりカラオケに行ったりプライベートでもお世話になっております。

②就活(面接)など初対面の人に話す内容が出来る。覚えてもらいやすい
→趣味が変わっているほど相手からの食いつきが上がります。

③一人の時間を有意義に過ごす事が出来る
→大学生って時間があるんですよね。その時間を無駄にしなくて出来ます。

④趣味を仕事にできる。
→パーソナルトレーナーとして採用してもらいました。

⑤自分に自信がつく
→趣味を極めようと思ったら行動力(労力)がかかると思います。それを乗り越えた先に極める事が出来、自信がつきます。人としての魅力も深まります。

趣味がない人は筋トレをお勧めします。
こちらを参考に→筋トレを通して身についた最強のマインド4つ

バイト

アルバイトは絶対しといた方が良いです。
アルバイトをするとどうなるか
①お金を稼ぐ大変さを学べる、社会勉強になる
→社会人になるための練習になります。いろんな業界で働くことで就活の参考になります。

②友達が増える、恋人が出来る
→私は学校近くの焼き肉屋でバイトをしていました。すると、同じ大学の同級生(学部は様々)が10人くらい入り交友関係が広がりました。その中で3組ほどカップルも生まれました。

読書

私は大学生活の4年間で100冊くらい本を読みました。偶然100冊前後でした。
読書をするとどうなるか
①専門分野以外の事について詳しくなる
→教養が身につき魅力的な人になれます。私はNLP心理学、筋トレ、恋愛(ナンパ)、自己啓発に関する本をたくさん読みました。
心理学の中では「影響力の武器」という本おススメです。読んだ感想を書いたので興味があれがこちらへ

②読書で身についたことがふとした瞬間役に立つ

→困難な状況になった時、「この状況あの本のこういう状況に似ている」と思い出すことがあります。
思い出せれば解決策も見いだせるので人生攻略に役立ちます。

資格の勉強(習得)

管理栄養士の資格を習得しました。資格を習得するとなにがよいか
①社会人になると所有している資格が武器になる
→持っている資格によりますが資格次第で就職に困らなくなります。
 「社会人になったから資格習得すればいいや」と考えてる人、大学生のうちに取りましょう。
社会人になると大学生の頃より自由に使える時間は少なくなります。今取っておくほうが吉です。

やらずに後悔したこと

恋愛

私は大学生活のほとんどの時間を自己投資のために使いました。そのおかげで成長することはできました。しかし、自分の事にしか関心が無くなり自己中心的な人間になってしまいました。
恋愛をするとどうなるか(周囲のリア充を見て私なりに考えてみました。)
①「相手を喜ばすことに幸せを感じる素晴らしい人間になる。
②好みの人をゲットする過程や長期的な関係を気づくために自分磨きをするようになる
③自分の事と同じ様に、周囲の人達にも本気で接することのできる人間になる。
この3つは社会人として、人として大切なことです。
大学生のうちにこのような経験をしておく方が良いでしょう。でないと大人になって苦労します。

ブログ(時間労働以外でお金を稼ぐ)

私はブログをはじめて2週間くらいの初心者ですが、大学生の時からブログをすればよかった。
と後悔しています。
ブログをするとどうなるのか
①文章力が上がる
②自分の考えをうまく言語化する事が出来る(人に説明するのが上手くなる)
③上手くいけば稼げる(不労所得)
④記事を更新するためのネタ作りなど様々なことに詳しくなる

このような能力が身につきます。すごい自己啓発性がありますよね。
また文章力と年収には相関あるそうです。
大学生で時間がある方やってみてはいかがでしょうか。
大学生活をやり直せるなら私はやります。

最後に

大学生活を後悔しないために時間の使い方には十分気を付けてください。
大学生活を人生の夏休みとして過ごし、社会人になって苦労するのか
大学生活でしんどい思いをし、残りの人生を楽に過ごすのか
有意義な時間を過ごしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました