低糖質ダイエットが便秘になりやすい理由と解決策を教えます

管理栄養士/健康

こんにちは。Men’s管理栄養士です。

「ダイエットを始めて便秘になった方」や

「便秘を改善したい」

と思っている人に向けた記事です。

低糖質ダイエットが便秘になりやすい理由

低糖質ダイエットが便秘になりやすいのは
不溶性食物繊維が不足するからです

合わせて読みたい→

低糖質ダイエットは、ご飯やパンなどの穀類を
制限すると思います。


穀類には不溶性食物繊維が多く含まれており
不足すると便秘を誘発します


穀類(米)には不溶性食物繊維がたくさん含まれています

つまり、「不溶性食物繊維を含む米の摂取が減り
、便秘になる」という流れです。


米以外から不溶性食物繊維を
たっぷり摂取しているのであれば
便秘は起こりません。

もしそれでも
便秘があるならば他の原因が考えれます。

便秘を解決するためには

便秘を解決するためには、
不溶性食物繊維をとる必要があります。

不溶性食物繊維は、きのこ、海藻、野菜に多く含まれます

ですので、ダイエットをするときは必ず
きのこ、野菜、海藻をたくさん食べましょう。


便秘を解決します。

ダイエット中に小腹がすいた時のおすすめ食材

オートミール

オートミールは穀類ですが、カロリーが低く食物繊維が多いので
おススメの食材です。 便秘も改善してくれます。

朝食をオートミールにするなど、毎日少量(30g)摂取することを
おススメします。

ナッツ

ナッツはタンパク質、脂質、食物繊維が多く含まれており
ダイエットのサポート食材に適しています。

(ナッツはダイエット特有の栄養失調を補う)

しかし、カロリーが高いので食べすぎは禁物。
1日25g以内にするといいでしょう。(1粒=約1g)

また、むくみが気になる方は
無塩ナッツを選びましょう。

食物繊維をとり過ぎると下痢になる

ここまで読んでくださった真面目な方は

食物繊維をたくさん摂取すると思います。

しかし、食物繊維の過剰摂取は下痢に繋がります

便秘は治ったけど、今度は「お腹が緩くなった」
と感じる方は食物繊維の過剰摂取なのかもしれません。

その場合は、きのこ、海藻、野菜類の摂取を見直してください。

快便があなたに適している量です。

まとめ

低糖質ダイエットが便秘になりやすいのは
不溶性食物繊維が不足するから

便秘を解決するためには
不溶性食物繊維が多く含まれている
きのこ、野菜、海藻類をたくさん取る必要がある

その他、小腹がすいた時のおすすめ食材として
オートミールやナッツがある

ここまでの話で、食物繊維が便秘に効果がある
事を伝えたが、

食物繊維の過剰摂取は、下痢に繋がる

日々自分の便を確認し、自分に適した摂取量を
試行錯誤しながら見つけて欲しい

コメント

タイトルとURLをコピーしました