ようこそ実力至上主義の教室へ ザックリ要約

Amazon
ようこそ実力至上主義の教室へ
才能を隠すのにも卓越した才能がいる。新品価格
¥220から
(2020/6/4 20:05時点)

楽天ようこそ実力至上主義の教室へ 1【電子書籍】[ 一乃 ゆゆ ]価格:605円
(2020/6/4 20:08時点)
感想(0件)

舞台は国が運営する高校。

その高校ではケータイを持つこと 外部に出ることが禁止されており、
寮や娯楽施設、スーパーなど生活に必要なものは敷地内に
全て揃っている。

そして敷地内では、あらゆるものがポイントで買えるようになっている。

ポイントは学校が配布したタブレットに入っており
入学当初は10万ポイント(10万円)入っていた。

毎月一定額のポイントが振り込まれるのだが、
振り込まれるポイントはクラスの成績が大きく関与する。

主人公のいるⅮクラスは4クラスあるうちの最底辺クラス
最初の1か月でⅮクラスは、勉強せずに遊んでばかりいた。

小テストなどの平均点は最悪。

これが原因で5月に振り込まれるはずのポイントは0

ポイントを獲得するためには成績を上げるか、
行事ごとでよい成績を収めるしかない

成績を上げるとクラス順位が変わることもある。

クラスメイトと一致団結し、
ⅮクラスからAクラスまで追い上げていくストーリーである

主人公は、全科目の入試テスト50点
狙ってとれる点数ではない。
それにとても頭が切れる(策士)
優秀な主人公がなぜⅮクラスにいるのか?

ただの下克上していくアニメではなく
謎に包まれキャラを追う
学園アニメである

コメント

タイトルとURLをコピーしました